ソフトウェア開発管理

ソフトウェアを開発するには,開発に先だって開発に必要な要員,期間,費用,コンピュータ資源などを見積もり,できるだけ正確な開発計画を立てる必要がある.また,開発過程においては,品質管理や工程管理を効果的に行い,品質の良いソフトウェアを効率的に開発していくことが重要である.

ソフトウェア特性と開発技術

ソフトウェアの特性

ソフトウェアとは「データ処理システムを機能させるためのプログラム,手順,規則,関連文書などを含む知的な創作」である.

その特徴は,次のようなものである.

ソフトウェア管理の必要性

ソフトウェア開発には次のような傾向があり,ソフトウェア管理の重要性が増している.

ソフトウェア開発技術

ソフトウェアライフサイクル

ソフトウェアの構想・設計から開発,導入,運用,保守,破棄に到るまでのプロセス全体をソフトウェアライフサイクルと呼び,次の図のような関係にある.

Life cycle
  1. 定義工程
    要求仕様書で規定されたシステム要件を定式化し,システムを構成する人間系,ハードウェア系,ソフトウェア系3者間の分担,および各々の機能を明確化する工程(SE/利用者)
  2. 設計工程
    基本仕様書で規定された機能をいかに実現するかの具体的方法を検討し,プログラムのコーディングを開始できる段階までのプログラムの仕様を明確化する工程(SE/チーフプログラマ)
  3. 製造工程
    詳細設計書に基づいてプログラムを作成し,仕様書に規定された項目に対応した試験を実施する工程(プログラマ)
  4. 検査工程
    作成したプロダクト(プログラム,マニュアル)が要求仕様書を満足するかを確認し,品質を保証する工程(品質試験専任者)
inserted by FC2 system